認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

脳血管性認知症は全体の約30%

認知症になる原因疾患はたくさんありますが、今回は「脳血管性認知症」について詳しくお話しします。

脳血管障害とは脳の血管が詰まる脳梗塞や、血管が破れて出血してしまう脳出血などのことを指します。

脳細胞は一度破壊されると再生しません。

よって脳血管障害によって血流が途絶えた組織は壊死を起こし機能を失います。これが原因となって認知症を引き起こすことがあります。

認知症の原因疾患としてアルツハイマー型に次いで脳血管障害が多く、認知症全体の約30%を占めているといわれています。

脳血管型認知症の特徴的な症状

脳血管認知症脳血管性認知症では「よく使うものの名前が出てこない」「電気や水道の栓をよく占め忘れる」「同じことを何度も聞く」「突然怒り出したり、急に泣き出したりする」といった症状が特徴的です。

脳血管性認知症は脳血管障害の発症に伴って発症します。
このことから、脳血管障害が再発するたびに認知症も段階的に悪化していく と考えてよいでしょう。

長期的に段階的に進行し、末期には全般的認知症と鑑別ができないほどさまざまな症状が現れます。

脳血管性認知症では障害された部位によって症状が違うので、めまいや痺れの訴え、言語障害、知的能力の低下などもみられ、これらの症状もまちまちです。

また記憶力が低下している反面、理解力や判断力、人格が保たれているといった まだら認知症 が見られるのが特徴です。

そもそもの脳血管障害の原因には生活習慣病が多くみられますので、脳血管障害の再発防止のために生活習慣の改善が必要です。

スポンサードリンク

Topics

【概要】認知症になる原因疾患はたくさんありますが、今回は「脳血管性認知症」について詳しくお話しします。 脳血管障害とは脳の血管が詰まる脳梗塞や、血管が破れて出血してしまう脳出血などのことを…

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]