認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

アルツハイマー型認知症の介護

認知症の介護は長期にわたります。

認知症の家族とともに生活するためには、認知症への対応方法をよく知る必要があります。

認知症介護の基本となるものは、相手に安心感を与える、相手に対して急がずゆっくり関わっていく、相手の自尊心を傷つけない、相手に無理なことは押し付けないということです。

アルツハイマー型認知症では妄想や徘徊などの症状があり、一緒に暮らす家族の精神的負担を大きくしてしまうことがよくあります。

本人の気持ちを理解して受け止めることで本人に安心感を与え問題行動が軽減することが期待できます。

攻撃的な気持ちを和らげる

認知症の介護 アルツハイマー型認知症では物を盗まれたと思い込む妄想がよくみられます。

盗んだのではないかと疑われたら「じゃあ一緒に探しましょう。」と一緒に探すと相手も攻撃的な気持ちが落ち着きます。

認知症になると性格が変わったかのように怒りっぽくなったり攻撃的になったりすることがあります。これは症状が進行し本人がいろいろなことが分からなくなったり出来なくなることから不安や焦りが強くなり、興奮しやすくなり怒りにつながるためです。

家族へ攻撃的な言葉を言ったり興奮したときは、同じように起こったり怒鳴ったりするとかえってさらに興奮してしまいます。

頭ごなしに叱るのではなく、あくまでこちらはゆっくりとした口調で穏やかに対応し、興奮している相手を一度座ってもらったりして落ち着かせましょう。

気持ちが落ち着いたら食事やおやつなどへ声かけして相手の気持ちを違う方向に向けることも効果的です。

アルツハイマー型認知症でよくみられる徘徊は、本人の不安が強くなったときに生じます。自分の居場所が分からなくなったり、目的が分からなくなる見当識の消失からの不安がよくきかれます。

日ごろから氏名・連絡先が分かるものを身につけたり、衣類に縫い付けたり、また近くの交番に認知症で徘徊する家族がいることを相談し、保護されたときに連絡してもらえるようにしましょう。

普段から本人が安心できるような対応や環境づくりを心がけることで、本人の怒りや興奮を予防することができます。

スポンサードリンク

Topics

【概要】認知症の介護は長期にわたります。 認知症の家族とともに生活するためには、認知症への対応方法をよく知る必要があります。 認知症介護の基本となるものは、相手に安心感を与える、相手に対し…

エタラビは全身を脱毛でもオススメ

とにかく痛みの少ないマシンを使って施術するエタラビは全身脱毛する場合には良さそうです。ただ、全身を脱毛の口コミを見てみると、料金システムが不透明といった評判を目にすることがあるのでちょっと気になります。

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]