認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

脳を守るためには?

認知症の原因疾患のなかでも大きな割合を占めるのは 脳血管性認知症 です。

脳血管障害が起きたときに随伴症状として認知症がみられます。

脳血管障害とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 といった脳の血液循環の病気の総称で、三大生活習慣病のひとつとしてあげられます。

壊死した脳細胞は再生できない


脳神経に血液を循環させる血管が何らかの原因で詰まったり破れてしまったりすると、脳細胞への血流が行き届かなくなり、循環障害を起こした脳細胞が壊死してしまいます。


脳血管障害を起こさないために


また、脳血管障害を再発することで、壊死した脳細胞が増え、認知症の症状が悪化してしまいます。



脳血管障害の危険因子として動脈硬化があげられます。


ウォーキング

動脈硬化をきたすと柔軟性を無くした血管壁は壊れやすくなったり、血管壁の内側が肥厚し狭くなり詰まりやすくなります。


この動脈硬化の原因として、喫煙、高血圧、糖尿病、高脂血症などがあげられます。これらはいずれも生活習慣病のひとつであり、生活習慣の改善が必要 です。


また、喫煙は動脈硬化のリスクが非喫煙者の2倍 と言われています。



しかし禁煙することで約2年でそのリスクは非喫煙者と同等になります。


高血圧、高脂血症、糖尿病は食生活と運動によって改善されますので、日ごろから食事内容と継続できる運動を心がける必要があります。


特に有酸素運動は動脈硬化症に有効と言われてますので、ウォーキングなどを取り入れるといいでしょう。長く続けられるために無理はしないよう出来ることから始めることも大切です。

スポンサードリンク

Topics

【概要】認知症の原因疾患のなかでも大きな割合を占めるのは 脳血管性認知症 です。 脳血管障害が起きたときに随伴症状として認知症がみられます。 脳血管障害とは脳梗塞、脳出血、くも膜下出血 …

大阪の医療脱毛 口コミ

大阪に4院も分院があることで通いやすい湘南美容外科。これなら長期間にわたる全身脱毛でも負担が少ないですね。口コミでも梅田駅前の湘南美容外科 脱毛は評判です

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]