認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

生活習慣病と認知症の発症率

生活習慣病と認知症の発症率はとても関係があり、生活習慣病を予防することは認知症予防にもつながります

日常生活のなかに運動や良い食事を取り入れると、認知症の原因疾患とされる脳血管障害の原因となる高血圧や高脂血症、動脈硬化を防ぎます。

運動 それだけでなく運動は脳に血液を送る血管を増やし、新しい脳細胞の発達を促進する効果があり、認知機能低下のリスクを減らすことが期待できます。

また食事の中で適度なカロリーを摂取するだけでなく、葉酸やビタミンB6、B12を摂取することで認知症のリスクとなる血中のホモシスチンという物質を減らす効果があります。

このように生活習慣病予防は認知症予防の効果がある、つまり脳を若く保つことに非常に関連があるのです。

食事や運動以外にも、脳の活発に働かせることで神経細胞の繋がりを増やし、脳の伝達する道を広げます。

読書や学習、文字を書いたり絵を描いたりすることで脳に刺激を与えます。

また、社会的交流を頻繁にとることで認知症の危険性を約40%減少させるという研究報告もあります。

趣味を増やし、社会的交流の機会を作ることで、脳によい刺激を与えます。

タバコやお酒は嗜好品として好まれますが、喫煙とアルコールの過剰摂取は認知症の危険性を大きく増加させてしまいます。

タバコには血管収縮作用があり、長期的には動脈硬化へのリスクが高くなり、認知症の危険性が約2倍になります。

脳は老化とともに萎縮していきますが、アルコールの過剰摂取はその萎縮を早めてしまう効果があります。

禁煙と適度な飲酒に抑えることが脳を認知症から守ります。

スポンサードリンク

Topics

【概要】生活習慣病と認知症の発症率はとても関係があり、生活習慣病を予防することは認知症予防にもつながります。 日常生活のなかに運動や良い食事を取り入れると、認知症の原因疾患とされる脳血管障…

アリシアクリニックが新宿に

評判の良かったアリシア 全身脱毛も唯一の難点が池袋にしかないということだったんですが、この度、新宿にも分院ができました。

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]