認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

アルツハイマーのワクチン?

アルツハイマー型認知症は、認知症の分類の中でも最も多く、全体の約40%を占めています。

脳の神経細胞は加齢とともに誰でも減少しますが、アルツハイマー型認知症ではこれが早期にかつ急激に失われていきます。

これはβアミロイドと呼ばれるたんぱく質が脳内で発生し脳内に蓄積され、脳細胞を破壊することが原因と考えられています。

認知症にならないための予防方法は近年いろいろな方法が言われており、生活習慣病予防や趣味や社会と交流を持ち脳に刺激を送ることが主たる予防方法です。

しかしアルツハイマー型認知症が発症すると治ることは無いというのが現在の医学です。

近年医療の高度化によってアルツハイマー型認知症の進行を抑制する薬 が開発されており、実際医療の現場でも活躍するようになりました。

そして今ではアルツハイマー型認知症を改善させるワクチンが開発されています

アルツハイマーの研究が進む

アルツハイマーの治療 上記で述べたとおり、アルツハイマー型認知症の原因はβアミロイドの脳内蓄積による脳細胞の破壊が一般論でした。

最近の研究により、このβアミロイドの蓄積にホモシステイン酸 が関与していることが明らかになりました。

ホモシステイン酸とは脳内で産生されるアミノ酸の一種で、ホモシステイン酸はβアミロイドを脳内に蓄積させる作用があることが発見されています。

これに着目したアメリカの研究グループがホモシステイン酸の産生を抑制するワクチンを開発 したのです。

この研究はまだ人体での治験まで至っておらず、臨床でワクチンが活躍されるまでまだ時間がかかると考えられます。

しかしこの研究が発表されたことで不治の病と現代人に恐れられているアルツハイマー型認知症の治療に大きな希望が期待できるようになりました。

今後さらに研究がなされ、アルツハイマー型認知症が治る病気になる日がくるかもしれません。

スポンサードリンク

Topics

【概要】 アルツハイマー型認知症は、認知症の分類の中でも最も多く、全体の約40%を占めています。 脳の神経細胞は加齢とともに誰でも減少しますが、アルツハイマー型認知症ではこれが早期にかつ急…

VIO脱毛体験したけど彼氏が

友人のタカちゃんがVIO脱毛してきたみたいです。なんと、カメラとマイクを持ち込んで潜入取材を試みたとか。体験そのものはイイ感じだったのですが、VIO脱毛が彼氏にバレてしまうのが気になるみたいです。

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]