認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

単なる物忘れと認知症の境界線

物忘れ誰でも歳をとれば、ふと名前を思い出せなかったり、どこに物をしまったのか忘れてしまったり、はたまた何を探していたかさえ忘れてしまうものです。

それは私たちの身体が加齢とともに老化すると同じく、脳の働きも衰えてくるからです。

このものわすれは人間にとってはごく当たり前 で生理的な変化です。

しかし認知症は病的な脳神経の機能低下 です。早期発見が最も重要となりますが、認知症と老化によるものわすれはなかなか区別がつきにくいものです。

ですから家族や本人も「年のせいだろう。」と思うような些細なことが、実は認知症のサインかもしれません。

認知症による物忘れの特徴

認知症によるものわすれの特徴として物忘れの頻度が高いこと があげられます。

健康な人がうっかり忘れて同じことを繰り返して言ってしまうことがたまにあっても、認知症のひとならそれが毎日毎回のようにあります。

また、健康なひとなら夕食で何を食べたか思い出せないことがあっても、夕食を食べたことや食べた時間は覚えているでしょう。

しかし認知症のひとの場合は夕食を食べたこと自体を忘れてしまう、その事象や出来事をまるっと忘れてしまうのです

そして健康な人なら忘れた事柄にヒントをあげると思い出すことがよくあります。

認知症のひとの場合は例えば人の名前がすぐ出てこない場合にヒントをあげても思い出しません。

このように老化によるものわすれと認知症とでは忘れの頻度と内容が違うことを理解したうえで、認知症の早期発見に努めるとよいでしょう。

ただ実際にこのような症状が現れているときは、認知症がかなり進行している場合が多いので、日ごろからのコミュニケーションが重要となってきます。

スポンサードリンク

Topics

【概要】誰でも歳をとれば、ふと名前を思い出せなかったり、どこに物をしまったのか忘れてしまったり、はたまた何を探していたかさえ忘れてしまうものです。 それは私たちの身体が加齢とともに老化する…

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]