認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

どのような検査をするの?

もし家族や自分が認知症かもしれないと思ったら、すぐにでもかかりつけの病院か専門病院へ相談に行くことをお勧めします。

認知症は早期発見・早期治療で今後の病状が大きく変わってくるからです。

頻繁に同じことを聞いたり話したり、いつも通る道で迷ってしまったり、ついさっき話していたことが出てこないなどの日常生活に支障が出るような物忘れがあれば医師に相談する必要があります。

では病院へ行ってどのような検査がされるのでしょうか?

治療を始める前の検査

まず家族へ本人の日常生活の様子や実際に困っていることを聞かれます。

いつくらいからどのような症状が現れて、今はどのような症状があって困っているのかを主に確認されます。

また今まで大きな病気をしたり、手術の既往があれば、いつ・どこの病院で・何の手術や治療をしたか書き出しておくと話しがスムーズです。

家族への問診が終わったら、本人への問診があります。

検査 自覚症状を聞かれますが、アルツハイマー型認知症の場合病気への自覚がほとんどありません。

認知症の問診では 
長谷川式簡易知能評価スケール 
というテストがなされます。これはいかにも検査という感じをさせず、日常に近い質問を取り入れた認知症検査のひとつです。

多くの病院が 長谷川式簡易知能評価を取り入れています。

この検査では 昔の記憶、今の記憶、計算力など総合的な記憶力を問診 することで、その物忘れが病気によるものかを診断します。

問診のほかに  CT、MRI といった画像検査も実施するでしょう。

脳の画像を撮影すると、認知症をひき起こす病気では特徴的な脳の萎縮が見られますので、確定診断の材料となります。

また大きな病院では SPECT(スペクト) という脳血流量を画像化する検査が実施されることもあります。

脳の機能低下が見られる部位では脳血流量が低下している傾向があるため、診断材料のひとつとして用いられます。

スポンサードリンク

Topics

【概要】もし家族や自分が認知症かもしれないと思ったら、すぐにでもかかりつけの病院か専門病院へ相談に行くことをお勧めします。 認知症は早期発見・早期治療で今後の病状が大きく変わってくるからで…

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]