認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

どうして診断が必要なの?

認知症の診断は予後をどれだけ良いものにするか という点で大変重要です。

いきいき 認知症には脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症、レピー小体病などの病気から認知症の症状が現れますが、それぞれの病気によって治療方針が大きく変わります。

例えば脳血管性認知症では脳血管障害が原因で、さらにその原因が生活習慣病と大きく関連がありますので、生活習慣の改善と脳梗塞や脳出血の再発防止の治療がメインとなります。

アルツハイマー型認知症では脳神経そのものが萎縮し発病するので、進行を和らげる薬や、随伴して現れる症状に対する薬など薬物療法が重要となってきます。

認知症の治療では病気と症状に合わせた的確な治療が重要なのですが、症状のなかには うつ病やパーキンソン病の症状に非常に良く似たものもあります

そのため認知症と診断されずこれらの病気と誤認されてしまい、結果として認知症のチャンスを失ってしまうことがあります。

認知症と似た症状を持つ別の病気もある

逆に認知症とは別の病気なのに認知症に良く似た症状が現れ、認知症と誤認されることもあります

甲状腺の機能低下や肝臓・腎臓の機能障害、ビタミンB1欠乏などの栄養障害、抗精神病薬など薬の副作用 などがあげられます。

これらは治療すれば認知症様症状は回復 しますので、やはり異常を感じたときはすぐに医師に相談し、早期発見・早期治療に臨むことが重要です。

スポンサードリンク

Topics

【概要】認知症の診断は予後をどれだけ良いものにするか という点で大変重要です。 認知症には脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症、レピー小体病などの病気から認知症の症状が現れますが、それぞ…

切らない包茎治療 名古屋

格安費用でできる包茎手術 名古屋は駅の近くにあるヒルタワなどでは、切らないで治療する方法もありますが、このためには医師の診断で、その術式が有効と認められる場合に限ります。

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]