認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・

リハビリ ※音楽療法や回帰法

認知症の中でも大部分を占めているアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症においては現在ではまだ根治治療方法は確立されていません。

しかし治療を早期より行うことで進行を抑えることができます。

認知症の治療方法は主に薬物療法とリハビリテーションです。

認知症のリハビリテーションについて

認知症のリハビリテーションはさまざまな方法がありますが、主として簡単な計算や書字、音読がよくなされるリハビリテーションです。

計算や書字は頭を使い、字を書くことで脳を刺激します。

音読は文字を読み意味を考え、口を動かし声を出すことでまた脳を刺激します。

これらの訓練は認知症リハビリテーションとして高い効果が得られていると言われており、健常な人が行っても脳を鍛えて認知症予防としても効果が期待されています

この他にも 音楽療法 があります。

音楽療法 音楽療法は音楽を聴き一緒に歌ったり、身体を音楽に合わせて動かしたり、簡単な楽器を演奏することで五感を使い脳を刺激します。

またリハビリの効果だけでなく音楽によるリラクゼーション効果で精神の安定も期待できます。

回帰法と言われる、いわゆる 思い出し療法 もよく行われるリハビリテーションのひとつです。

特にアルツハイマー型認知症では新しい記憶を覚えることが困難でも、昔の古い記憶がよく残存していることから、昔のことを思い出し、昔の話をします。

これは本人も昔のことを思い出すことで楽しむことができ、気持ちの安定にもつながります。

この他にも絵を描いたり物を作る過程で指先を使ったり色や材料を自分で選ぶことで脳を刺激する芸術療法、運動療法も行われています。

スポンサードリンク

Topics

【概要】認知症の中でも大部分を占めているアルツハイマー型認知症と脳血管性認知症においては現在ではまだ根治治療方法は確立されていません。 しかし治療を早期より行うことで進行を抑えることができ…

【NewTopics】

Copyright (C) 2011 認知症 ※早期発見のポイントは記憶障害 (物忘れ、怒りっぽくなったり・・・. All Rights Reserved. [admin]